毎日民報専売店会 青年部会

教育に新聞を NIE

教育の現場へ新聞を

みなさんはNIE(エヌ アイ イー)をご存じでしょうか?

NIE(Newspaper in Education)とは学校などの教育の場で、新聞を教材として活用していく活動です。発祥はアメリカで日本には1985年、静岡で開かれた新聞大会で初めて提唱されたそうです。以降、89年9月にパイロット計画として東京都内の小学校1校、中学校2校でスタートして、96年には制度化が実現、その翌年には、47都道府県全ての地域に広がりました。当初、学校総数の1%である400校を目標としていましたが、04年にこれを達成。07年には500校を超えました。(NIE 教育に新聞を より引用)
福島県では、まだまだ知らない方が多い言葉かもしれません。NIEという言葉は30年以上も前から日本に上陸していたのですが、私自身2010年頃まで知りませんでした。

なぜ、教育の場に新聞が必要とされるのか?
いまの子供たちに求められるのは、地域や社会の中で課題を見つけ解決する事、インターネット社会の現代では正しい情報を選び取り、読み解く情報活用力だそうです。
新聞は時事、政治、経済、事件など様々な記事が複数の厳しいチェックを受けて世にでており信頼性の高いメディアです。新聞を読む事は読解力を身に付け、社会の活動に興味を持ち、自分で物事を考える力を養います。

現代社会において必要不可欠のインターネット
子供たちが成長するにしたがって必ず触れなければならないシステムですが、便利な反面 信頼に値しない情報、自分好みの偏った情報、犯罪、誹謗中傷など著しいモラルの欠如も散見されます。全くの耐性も知識も無しに使うのはとても危険なものです。情報の真偽を見分ける力、道徳など、正しい知識は
学校教育でも身に着ける事が可能ですが、新聞を活用する事でさらに高い相乗効果が期待できます。
様々な情報の詰まった新聞は、目まぐるしく変わりゆく現代社会において非常に有効な参考書となります。子供たちの教育にぜひ新聞をご活用ください。
 
日本新聞協会販売委員会(新聞の読み方動画より)
  • みんぽうジュニア新聞
  • 定期的に開催されるキャンペーン
  • ジュニア新聞は毎週日曜日の民報紙面に掲載
  • 毎日小学生新聞